カナダ北極圏・オーロラ旅行の専門ガイドサイト。オーロラの聖地・イエローナイフの住人が本物の現地情報を発信中。

frontpage photos01

オーロラ速報

写真館 1 Frontpage Photos

2013年10月24日・初本格降雪。
例年よりずっと暖かかったものの、やはり今年もハロウィン前に雪景色となりました。
通常ですとこれ以降に気温がぐっと下がり、降った雪はそのまま積み重なっていきます。
今年も遂に、本格的な冬に入ります。
溶けるのは3月後半。サマータイムに入ってから。

2013年8月終盤
イングラハムトレイルのキャメロン滝。
滝は氷河期の痕跡を残す森と岩場を抜けていくと突然現れます。高低差もそれほどなく子供でも歩ける夏秋季の人気トレイルです。もう少しすると、周辺は黄葉となります。
岩盤を滑り落ちていくタイプの滝なので、近くに来るまで滝の音は意外に聞こえません。

+37C!
2013年6月24日
今年は3年ぶりに暑い夏を迎えました。ここにもちゃんと夏はあるんです。
この電光掲示板の温度計は冬は寒めに出ますが、夏も実気温より暑めに出ることが多いです。このあと、+40℃と表示されていました。
この日の最高気温は+31℃。イエローナイフの年間気温格差は70℃以上あります。

2012年3月
ある休日の一コマ。市が冬季に公道を閉鎖して、そりゲレンデを整備します。
ただの雪に覆われた岩盤なので、無茶すると吹っ飛びますし下手をすると怪我します。
マイナス20℃を越えたら苦行ですが、-15℃程度の暖かい時には楽しい遊びです。

2012年12月8日
ここ2週間でぐっと冷えて、今日の昼間の気温は-37℃!
この寒さでカップの熱湯を撒くと、こうなります。
(チャレンジする方は、火傷、凍傷、路面凍結、器物破損等には十分お気を付け下さい)

20120508
2012年5月8日
2012年春シーズンも終了。
緯度が上がると日の入り・日の出の角度が浅くなるので、日没後も暗くなるのにかなり時間がかかります。
そして、夏至に近づくと地平線の下すぐの所までしか太陽は降りないので、事実上の白夜状態に。
この時期から真っ暗にならなくなるので、オーロラが出ていても肉眼では見えなくなります。
この写真は5月9日 2:30。北の空は明るいままです。
Photo:Noriyuki Matsuo

20111115
2011年11月15日
暖かかった気温が一気に下がり、-20℃を超えました。
ここまで寒くなるとイエローナイフでは、スノーモービルが動き始めます。
この街の人たちにとってのスノーモービルはオートバイですから、これを通勤・買い物に利用する人もちらほら。駐車場ではこのように一般の駐車場に停まっていることがあります。
そして、中にはこのままファーストフードのドライブスルーに入る剛の者も。

20110922
2011年9月22日
イングラハムトレイル沿いの広葉樹の群生。
同じ株だと同時に黄葉が始まるので、群生している場所でタイミングが合うと群生ごと真っ黄色に染まります。
この地域は水分が少なかったのか、広葉樹としてはかなり遅めの黄葉ピーク。木の葉が散る頃には、雪も降り始めます。
Photo: Noriyuki Matsuo

20110818
2011年8月18日
日没後の北の空。
日が沈むのは21:30頃。北緯62℃ではその後もすぐには暗くならず、北の空にはいつまでも明るさが残っています。風もちょうど止んでいたため、湖面もその空を鏡のように映していました。
23時ごろのキャメロンリバー・イングラハムトレイル。
Photo: Noriyuki Matsuo

Royal Couple in YK
2011年7月6日
ウィリアム王子とケイト妃は公式訪問でイエローナイフに。
英国王室の公式の新婚旅行はカナダになることが多いのですが、今回は、オタワ、ケベック、プリンスエドワード・アイランド、アルバータを訪れます。
それにしても、すごい人出だった…。
詳細は、ポーラースイートのコラムに掲載しました。
Photo:Noriyuki Matsuo

Summer Evening Sky

2011年7月4日
イエローナイフの夏の夜空(21時の空)。
この時期はまだ白夜状態なので、夜が来ないのでオーロラも見えず。でも、屋外スポーツをするには最高の時期で、多くのアウトドア旅行者が滞在しています。

Pray for Japan in Yellowknife Mar20,2011

2011年3月20日
東北・関東の災害支援のために、イエローナイフでも義援金活動が始まっています。
写真は3月20日の募金イベント。このイベントでは、8400カナダドルの義援金が集まりました。赤十字や被災区域の受け入れ機関に送られます。

Dr. Kamide in Yellowknife Visitor Center

2011年3月3日
上出洋介博士(宇宙空間物理学)がイエローナイフ滞在中、一般向けのオーロラ講演会を行って下さいました。
ビジターセンター(観光案内所)の円形講演場での一コマ
(普段はダイヤモンド産業関連の展示エリア。奥にあるのは鉱山の写真)

Yellowknife in -40℃

マイナス40℃のイエローナイフ。
街の排熱がなかなか消えず空中に留まるので、街の中だけ霧に包まれます。この日は風があったので、比較的霧が薄いです。

街の電光掲示板

2010年12月。今年も、こんな写真をアップする時期に入りました。
この掲示板は、実気温とは違う温度表示が出るので、寒く表示された時を狙って写真を撮ると、良い記念になります。

Fisherman

2010年12月。この時期、漁師が捌いた魚を積んで、ダウンタウンで行商しています。ホワイトフィッシュとか、ピカールとか、コッド(淡水タラ)とか。これがなかなか美味い。

Great Slave Lake
2010年11月下旬。グレートスレイブ湖の内湾が凍ってきました。
しばらくすると、乗用車が乗れるようになります。

Sears Hill
2010年11月11日 -5℃。数日ぶりの快晴。この暖かさの中、氷の上を歩いている人がいます。氷の厚さはまだ数センチ。

YK Center Mall
2010年7月 この日、今年の最高気温を記録しました。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional