カナダ北極圏・オーロラ旅行の専門ガイドサイト。オーロラの聖地・イエローナイフの住人が本物の現地情報を発信中。

aur-soku201103a

オーロラ鑑賞報告 (Aurora Photos)/ 2011年2月下期へ/ 2011年3月下期へ

オーロラ鑑賞報告 2011年3月上旬 Aurora Photos Mar,2011 P1

○メルマガ版(無料)登録は、以下のアドレスから。
オーロラ情報局のページ更新やイエローナイフの街の話題も載っていて、便利です。
http://archive.mag2.com/0001221990/index.html

3月16日 月夜の空に

on the moonlight

15日の天候:快晴 気温:-18℃→-28℃

天候回復。日中から天気がよく、そのまま夜になる。

どこまでも見渡せる月夜。でも、オーロラはなかなか現れず。
0:00過ぎ、やっと緑色の筋が夜空に掛かり始める。
光は時々強さを増したものの、大きな動きは見られなかった。

写真ではこんな感じ。
冬の月夜がいかに明るいか、よく分かってもらえると思います。

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル15キロ
時間:16日0:15
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://www.canadaauroranetwork.com/index.php?aur-soku201103a

TVではあまり紹介されていませんでしたが、
米軍が陸路での救援物資補給が困難な地域を中心に、ヘリでの輸送を始めました。

これがその時に流れたニュースでの映像。

フリッカーでも、米海軍活動の写真を公開しています。
Read more: 『Operation Tomodachi 』被災地で支援活動を行う米軍兵士たちの画像集
http://www.flickr.com/photos/compacflt/5532729543/in/photostream/

動画の表記にある通り、この日のオペレーションは
許可なしだったそうです(数日前からずっと許可待ちしてました)。

ですから今回の着陸は、公式には「不時着」。

と言うことでCNNの取材に対し、米軍広報は以下のように答えています。

Q「要請無しで支援を?」
A「現場レベルでの判断でヘリを出した」
 「被災地上空で揚力が不安定になり着陸した」
 「荷をデポして機体を軽くしなんとか帰投した」
 「地震による地磁気の影響だろう タフな状況だ」

Q「兵は被曝したのか?」
A「今は極めて微量 フロリダで日焼け止めを忘れた程度」

Q「(原発向けに)無人偵察機を出すのか?」
A「万一の事態の犠牲を最小限にするため」
 「彼女(ホーク?)には役目を果たしてもらう」

こういう事態で、こういう切り替えしがサラッと出来るセンスって、「慣れているな~」と感じます。
やはり、修羅場をくぐってきている人や組織は強いです。

こちらは、3日後に救助された被災者の様子。

http://www.youtube.com/watch?v=2zeroCZSrjo
このおじいさんのコメントが本当にカッコいい。
「どうしよう」とオロオロするんじゃなく、「どうすれば良いのか?」を考えないとなのですね。

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

3月15日 大人が飛ばせる千羽鶴

昨夜(14日)の天候:雪→晴れ 気温:-23℃→-18℃

夕方からちらちらとした雪。
月の位置が分かるほどの雲の厚さの割には、雪の量が多い。
街からはオーロラを見つけられず。

雪が止んでからはくっきり晴れたようなのですが、
残念ながら見つけられませんでした。

今回は昨日とは逆に、日本でのお話です。
多田あさみさんというグラビアアイドルのブログに、
面白い記事がありました。

題して「大人の千羽鶴」

「んん??」と誤解を招くタイトルですが、
ネタバレすると、簡単にコンビニで募金のできる方法を紹介するページ。

分かりやすいので、興味のある方は是非。
http://ameblo.jp/tada-asami/entry-10830603917.html

↑ご注意:グラビアアイドルのブログなので、関連広告が水着写真集などです。
画面を開けたときに、びっくりしないでくださいね。普通の水着じゃないのもありますから。

びっくりする方もいると思うので、本文のみをこちらに転載させていただきました。
写真付きで読んだ方が、ずっと分かりやすいのですが。。。

それにしても、人目を引いて、なおかつ読んだら納得できる、センスのあるタイトルです。
そして、読んだ相手をその気にさせてしまうところがまたすごい。

多田あさみ公式ブログ
2011-03-14 17:22:56

「大人の千羽鶴始めました」

今、本当に必要な鶴を被災地へ

ファミリーマートのファミポートから飛び立たせてきました

ATMの近くにあるこの機械の
募金ってボタンを押して、募金団体と金額をポチッと

災害支援なので、日本赤十字団体にしました

あとは、レシートをレジに持って行けばオッケー

鶴、一羽じゃ寂しいのでツガイで被災地まで飛んでいけ

一人じゃこの千羽鶴はできませんが

みんなで力を合わせればきっと千羽以上になるはず

もちろん、鶴より小さい小鳥でもいいし、余裕のある方は諭吉さんのお供の朱雀だか鳳凰を飛ばすのもいいと思います

大人の千羽鶴始めましょ

本文のみでは分かりづらいですが、
写真つきで見ると納得。でも、免疫のない方は、
ブログのレイアウトにびっくりしないでくださいね。
http://ameblo.jp/tada-asami/entry-10830603917.html

写真:オーロラ情報局 http://www.canadaauroranetwork.com/

3月14日 月夜に舞うカーテン

with moonlight

昨夜(13日)の天候:晴れ 気温:-28℃

気温が下がって天候が回復。
良いオーロラ日和となる。

22:20ごろからカーテンは大きく揺れ動く。

こういう日は解説よするよりも、写真で見た方が早いです。

with moonlight

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル15キロ
時間:13日22:40 & 22:50
資料提供元:http://www.aurora-guide.com

先日お話しした、イエローナイフの義援金活動がスタートしました。
Japan Tsunami help Association - Yellowknife
http://www.yk-tsunami-aid.org/
イエローナイフの人達も、心配&応援してくれています。

Pray for Japan

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

3月13日 サマータイム突入・月夜のブレイクアップ

brake up on the moonlight sky

昨夜(12日)の天候:雪→雲が切れる→雪 気温:-27℃→-24℃

夜になって久しぶりの雪+風。
外にいるのがかなりきつい。

その後、雪がやみ空が晴れて見事な月夜に。
3:30 いきなり-オーロラ爆発。
晴れるのを待っていたかのように現れたオーロラは、
急激に明るさを増して、そのまま明るい空の中で大きく弾けた。

また明るい空の時期に入りました。
天候の良い限り、また明るい空の下でのオーロラが楽しめます。

Donation Cup

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル15キロ
時間:12日3:35
資料提供元:http://www.aurora-guide.com

被災地支援のため、イエローナイフ在住日本人で集まり、
募金活動を開始への準備が始まりました。
まずは「できることから少しずつ」です。
カナダでも赤十字や大手企業は義捐金活動に動き始めています。

もう一点、
いろんな国が「負けないで」とエールを送ってくれています。
写真は試合開始前のバルセロナから。
大きな写真へのリンク(先頭のhを抜いています):
ttp://blog-imgs-34-origin.fc2.com/n/e/w/news020/long16232420110314.jpg

Yale from Spain

同日、クロアチアではゼネストが行われていました。
かなり騒いでいるデモでしたが、
日本大使館(領事館?)の前では静かになって黙祷。
正直な話、ここまで気を配ってくれるのは異例です。
ODAやサッカー交流の賜物ですね、ワールドカップのリーグ戦においての日本チームとの応援合戦は、クロアチアの人には今でも語り継がれているそうですから。

動画ニュースのリンク:
黙祷のシーンは3:30から。それ以前のデモシーンを見ているとギャップがよく分かります。
http://www.index.hr/vijesti/clanak/video-prosvjednici-uskok-trazili-da-pohapsi-mafiju-bandicu-lopovu-vikali-da-je-prodao-varsavsku/542052.aspx

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

3月12日 薄いベールの向こう

20km from YK

昨夜(11日)の天候:薄曇り 気温:-27℃→-24℃

ここ一週間では一番暖かい日。
その為か、幕のような薄い雲が張る。

22:15 薄い膜を通して、オーロラが現れる。
その後光が強くなり、大きなアーチが架かる。

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル20キロ
時間:11日22:15
資料提供元:http://www.aurora-guide.com

こちらでも、引っ切り無しに地震のニュースが流れています。
支援の声もたくさん上がり、その中でも驚いたのが、本人たちがまだ復興途中にある
アフガニスタン・カンダハールから支援の声が上がったこと。
市長曰く「日本に助けて貰った。今回は自分たちが助ける番だ」だそうです。

多くの国の人が見守ってくれています。
一人でも多くの人が助かることを祈っています。

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

3月11日 パーフェクト カーテン

 Perfect Curtain

昨夜(10日)の天候:快晴 気温:-28℃→-38℃

この日も真冬の気温。その代わり、空は快晴。

オーロラも大盤振る舞い。
7時台から見え始め、大きな弧を描く。

23時過ぎ、カーテンのひだが天上に向かって長く伸び、
グラデーションのかかった大きなカーテンとなる。
伸びきるとゆっくり揺れ始め、さらに激しく動くようになる。

その後、何度も小規模爆発を繰り返し、
3時ごろまで眺めることが出来た。

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル20キロ
時間:10日23:20
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://www.canadaauroranetwork.com/index.php?aur-soku201103a

こちらの時間で昨夜、地震のニュースを聞きました。
現在も、ネット配信されている日本のニュースをリアルタイムでずっと見ています。

しばらくの間、カナダでNHKのTVニュースをリアルタイムで見て、
停電している実家にメール(携帯は使用可能でした)で実家周辺の情報を伝えつつ、
停電中(真夜中で真っ暗)の両親のケアをするという、
よくよく考えると変なことをしていました。

イエローナイフでの居住経験から書き込みしますと、
停電していても、家庭の電話は比較的使えます。
ただ、留守電機能やコードレスホンなど、電源が必要なものは、
停電すると(着信があっても)電話が鳴らなくなります。

日本の家庭用電話の多くがこのタイプになっているために電話回線が温存されて、
かつての大地震に比べれば、今回は電話が不通になりにくくなっていますが、
こういう緊急時のために、電源の必要ない電話機を用意しておくと、
災害時に利用できる場合があります。
イエローナイフでは頻繁に停電が起きるため、予備の電話を用意しています。

(かつては「地震が起こると電話が不通になる」と言われていましたが、
これは、昔は電源の必要ない黒電話の受話器が地震でみんな外れてしまい、
一斉に『使用状態』になってしまう為でした)

実際、阪神大震災の時よりも、今回の方が国際電話も繋がりやすくなっていました。
(回線が増設されているためでもあると思います)

丸一日経過した現在、既に50か国以上の国と地域が
「救援隊を派遣する用意がある。いつでも要請してくれ」と、
声明を出してくれています。

一刻も早く全体の状況が分かり、
無駄のない救助が出来ることを祈るばかりです。

そして、多くの人が心配している、まだ連絡が付かないでいる人達の、
無事が確認出来ることを願っています。

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

○メルマガ版(無料)登録は、以下のアドレスから。
オーロラ情報局のページ更新やイエローナイフの街の話題も載っていて、便利です。
http://archive.mag2.com/0001221990/index.html

3月10日 天の羽衣が舞う夜

big wave aurora

今日は日中も気温が上がらず。
夜になるとさらに冷える。3月とは思えない気象条件。

3日前に発生した太陽高速風がついに到着。
一晩中、オーロラの見られる夜となる。

20時台からオーロラは出現。急激に空が明るくなり、そのままブレイクアップ。
0:35 再度のブレイクアップ。光のカーテンが激しく揺れる。
1:30 3度目のオーロラ爆発。何本ものカーテンが現れ、それぞれが意思を持つかのように大きく揺れる。

今シーズンでも最大級の大きなオーロラが見えた夜でした。
2時ごろですが、北の空に赤いオーロラも出ています。

ちなみに赤いオーロラは、慣れている人がいないと、肉眼で見つけるには難しいです。

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル20キロ
時間:10日1:30
資料提供元:http://www.aurora-guide.com

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

3月9日 ブレイクアップ

20km from YK

昨夜(8日)の天候:薄曇り 気温-13℃→-33℃

日中は良い天気で気温も上がる。
しかし、今夜も夜は一気に寒くなっていく。

オーロラは22時ごろから現れた。
もやっとしたものが現れた後、すぐに明るいはっきりとしたものになる。

1:20 ブレイクアップ。
空全天を、濃い発色のオーロラが大きく舞う。

まだ太陽風は到着していないはずなのですが、
予想外に大きなオーロラが現れました。
明日あたりから次の太陽風が到着するので、
どんなオーロラが出るか、楽しみです。

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル20キロ
時間:9日1:20
資料提供元:http://www.aurora-guide.com

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

3月8日 紫の矢が射して

brake up!

昨夜(8日)の天候:晴れ 気温:-14℃→28℃

日中は暖かく、ちょっと雲が多め。
日差しもあるのでかなり歩きやすくなった。
夜になり、気温はどんどん下がる。

オーロラは20時台から現れて、長い時間見られる夜となった。
0:30と0:55からゆっくりとしたブレイクアップ。
紫のカーテンも現れ、何本もの矢が射しこんでくるような写真になりました。

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル15キロ
時間:8日0:30
資料提供元:http://www.aurora-guide.com

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

3月7日 大きなカーテン

brake up!

昨夜(6日)の天候:うす曇り→晴れ 気温:-23℃→-24℃

かなり気温が上がる。
外を歩きやすくなったものの、
空は曇天。そのまま夜を迎える。

その後、空は雲が消えていく。
オーロラが現れたのは20時台から。
夜が更けるにつれて大きくなり、長い裾を持つカーテンが浮かぶ。

2時過ぎ、そのカーテンがゆらゆらと揺れ始める。
「これは?」と期待するもなかなかそれ以上にはならず。

2:40 ブレイクアップ。
空一面に弾けたオーロラは、3時ごろまで大きな動きが静まらなかった。

待って待って、ようやく動きの激しいオーロラが現れました。
よく「真夜中過ぎにオーロラ爆発は起こる」と言われます。
確かにそうなのですが、昨夜のように、もっと遅くなるまで始まらないこともありますし、
20時台に爆発しているのを街から見ることもあります。

ただ、こういう時間に必ず観測している訳ではないので、
統計上は「夜半過ぎに見える割合」が上がってしまうようです。

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル15キロ
時間:7日2:40
資料提供元:http://www.aurora-guide.com

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

3月6日 弾けそうで

aurora arch

昨夜(5日)の天候:晴れ 気温:-24℃→-29℃

日中は気温が上がり、夜になるとガクッと下がる。
日照時間が長くなってきたため、気温の変化がはっきりしてきた。

21時過ぎからオーロラは出始める。
強さはここ数日間に比べれば弱いものの、
はっきりとした光の帯が空に伸びる。

強くなったり弱くなったりを繰り返しながら、
一晩中見ることが出来た。

結局3時過ぎまで、オーロラ見え続けていました。
光の強弱のたびに「激しく動くかな?」と思っていたのですが、
結局そこまでは行かず、お預けになってしまいました。

太陽風速度が落ちて来たのが、影響しているようです。

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル30キロ
時間:5日23:00
資料提供元:http://www.aurora-guide.com

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

3月5日 太陽風到着中

30km from YK

昨夜(4日)の天候:快晴 気温:-26℃→-35℃

今日も気温は低いまま。
日中は日差しで気温が上がるものの、夜は再度-30℃の世界へ。

昨日に続き、よいオーロラ日和となる。
20:50に見え始めたオーロラは、すぐに明るくなりゆらゆらと揺れ始める。
その後も明暗を数十分単位で繰り返しながら、光る形を変えていった。

今日も良いオーロラを見ることが出来ました。
数日間続いた高速太陽風は落ち着いてきたので、激しさはなくなって来たようです。
昨日、再度の小規模フレアが発生したので、これが地球に当たればまたブレイクアップしやすくなります。

それにしても、3月としては強烈な寒さです。
あと一週間でサマータイムなのに、全然実感がわきません。

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル30キロ
時間:5日1:20
資料提供元:http://www.aurora-guide.com

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

3月4日 確実にブレイクアップする日

20km from YK

昨夜(3日)の天候:快晴 気温:-24℃→-38℃

昨日に続いて気温は低いまま。
夜になって更に下がる。

21時過ぎからオーロラは見え始める。
22:00 速度の遅いブレイクアップ。
空の向こうまで続くオーロラのカーテンが、新月の空を明るくする。

その後も、明るいオーロラは見え続け、ときどき小さく弾ける。
4:05 この日一番の大きなブレイクアップ。
強い光の帯が、激しく空を舞う。

今日は、オーロラ研究(宇宙物理学)の第一人者、上出洋介先生が滞在していました。
22:00頃の、衛星からのデータでは、「間違いなくオーロラ爆発を起こす日」。
これを元に鑑賞地の人はオーロラを待ちましたが、爆発したのは4時。
本当に、待たせて待たせての真打登場という夜でした。

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル20キロ
時間:3日22:00
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://www.canadaauroranetwork.com/index.php?aur-soku201103a

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

3月2日 龍の舞い

Dragons moving

昨夜(2日)の天候:快晴 気温:-26℃→-36℃

日中は朝に比べて気温が上がるものの風が強く、
実気温以上に寒い。
日が当たっているのにどんどん奪われていく体温。なかなかシュールな光景である。

夜も気温が低いまま。追い打ちをかけて更に下がる。
しかし、オーロラはそれに応えてくれるように、21時過ぎから出現。
大きなアーチが夜空に掛かる。

0:30 大きなブレイクアップ。
ピンクや紫の裾を持つカーテンが、最初はひらひらと、
のちに渦を巻くように空を舞う。

寒さに耐える価値があるオーロラを見ることが出来た。

宇宙天気が荒れているので、エネルギーは十分。
肉眼ではっきりとピンク色のオーロラを確認できる、強い光のオーロラになりました。
写真で見ても光の強さは分かりますが、実際の色彩はもっと強かったです。

ちなみに、寒かった上に風もあったので、体感気温は-40℃を確実に超えていました。
いつも思いますが、ここまで来ると、この寒さも体験してみるべきアトラクションです。

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル20キロ
時間:3日0:35
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://www.canadaauroranetwork.com/index.php?aur-sokuho

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

3月2日 連続ブレイクアップ!

from near YK

昨夜(1日)の天候:快晴 気温:-24℃→-31℃

1日も寒い日。3月の-30℃は稀。

昨夜もずっとオーロラが現れる夜に。
その上に、何度も上空でカーテンが弾ける贅沢な夜になった。

オーロラ爆発を起こしたのは、
21:10、22:30、0:30、1:45。
3月初日を素晴らしいオーロラ日和で迎えることが出来た。

なかなかここまで大きなオーロラが出続ける日も少ないです。
今回は高速太陽風がモロに地球に到達したので、エネルギーも豊富。
天候も持ちそうなので、明日も期待したいです。

写真:ナヌック オーロラツアーズ
場所:イングラハムトレイル10キロ
時間:1日22:30
資料提供元:http://www.aurora-guide.com
http://www.canadaauroranetwork.com/index.php?aur-sokuho

オーロラ情報局:http://www.canadaauroranetwork.com/

○メルマガ版(無料)登録は、以下のアドレスから。
オーロラ情報局のページ更新やイエローナイフの街の話題も載っていて、便利です。
http://archive.mag2.com/0001221990/index.html

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional